2012年01月25日

インターネット装備購入!

ということで、世界中でインターネットできるすばらしい時代到来。
しかしどのようなものがあるか?という疑問があるだろう。
簡単に述べておく。

redes_inalambricas_wifi2.jpg


@現在のネット環境を海外で
 スマホが保有率50%を超えた今、皆様各々プロバイダ契約されているでしょう。
NTTだったり、ドコモだったり、ソフトバンクだったり・・・

それが海外で使えたら言うことなしだと思った筆者は勇んでドコモへ。
スマホをデザリングで使ってやろうと企んだわけだ。

ドコモショップにて聞き及んだところ。

可能!!

しかし超高額!!!
1日2000円というセレブな金額が提示される。
非現実すぎてボツ。
日本のネットインフラは談合で高額に釣り上げていると私は思うわけである。

AプリペイドSIMカード
 まあ、海外まで電波送るのも大変だろうということで次の手段を。
ダメなら次だ。漢は潔くいくべし。
 SIMカードをご存知だろうか?
 ほとんどの人は?であろう。
 SIMカードとはスマホの裏を外したときに中に入っているアレである。
 
 簡単に言うとネットを使うための許可証とテレホンカードを足したようなものである。
たとえば日本のスマホはドコモならドコモ。ソフトバンクならソフトバンクしかつかえない。
だからiphonはソフトバンクしか使えなかったわけだ。
 
 しかしこれは日本だけと言っても過言ではない特殊な事例である。

 海外ではSIMフリーが一般的。聞いたことがあると思う。ヤフオクなどでもSIMフリーのiphonやipadが高値で取引されている。
 簡単に言うと海外では好きな機種を買って、自分のプロバイダで使うのだ。

 日本は特殊なのだ。

 海外ではSIMフリーなら更に凄いことができる。空港や街中でネット用のテレホンカードが売っているのだ。それをカチッとはめて使う。それでネットがどこでもできる。素晴らしいじゃないか!!
 しかも格安。日本で使うような3G回線使えたりでまさに日本と同じような環境が手軽に行える。

 しかし、デメリットもある。
 めんどくさいのである。
 プロバイダの契約や支払いなど。全部現地語か英語。
 つらい。今頃中学生の時の英語挫折を呪う。I dont speak Englishな自分を・・・
 やってみたら簡単だったというパターンであろうが、あまり食指が動かないのであった。

BWIFIを使う
 やはりここに行き着いた。
 時代はWIFIなのだ。
 WIFIは日本ではマックやスタバ、駅なんかで無料で流されている。
 これは海外でも同じなのだ。シンガポールなどではそこら中無料WIFIだらけらしい。なんと太っ腹な。
 しかも無料WIFI可能なホテルも多い。これはある程度都会ならインドやカンボジアなんかでも使えるようだ。
 これはアジアをナメていた。日本が遅いほうかもしれない。WIFIは旅人を救うのである。
 

 当方のネット対策はBWIFIとネットカフェを併用することに決めた!
 金もかからず、簡単だからだ。
 そもそも使用用途は情報収集と予約、連絡が主だ。それを考えるとこれがベストだと思う。



では、どうつかうかである。
いくらWIFIが使えようと、テレポートができるというわけではないので通信機器が必要となる。

ここが大いに迷う。
考えられるのはパソコン、タブレット、スマホ
@パソコン
 メリット
 容量が多く、使い方に慣れている強い定番装備である。
 デメリット
 でかい、かさばる、パッと使いにくい。
Aタブレット(Ipadなど)
 メリット
 立ち上がりが早く、アプリが使いやすい軽量お手軽装備
 デメリット
 容量が少ない、Office入ってない
Bスマホ
 メリット
 手軽、すぐ使える最軽量装備
 デメリット
 容量、小さい、電池が弱すぎる。


迷う。
はじめはカッコよくIpad2のSIMフリー64Gで行こうと思っていたがなにか腑に落ちない。
そもそも用途は
情報収集、写真・データ管理、電子書籍・地図などなど

クラウド化でデータを送ろうと思っていたが、なかなか使い切れそうにもなく、ネット環境のない場所では不安が残る。
しかしパソコンのみだとネットやアプリでのあの速攻性がない。
悩みに悩んだ。予算は政府のようにどんぶり勘定では使えんのだ。

2個持てばいいじゃん。

友人の格言で脳内計算機が一瞬で弾きだした。
こちらのほうが安いのだ。


さすがMACなお値段。


Apple iPad2 Wi-Fi+3G ブラック 64GB 【シムフリー海外版】アップル アイパッド2 Wi-Fi+3G


そこで旅に適したパソコンとタブレットを考察する。
パソコンは携帯性がよく出来るだけ軽い、かつ容量もあるし、USBポートも多め。
タブレットはそんなに大きくなく、電池持ちがよい。

要するにパソコンはデータの管理、家計簿、日記、スカイプなどゆっくり出来る場所で活用。
タブレットは移動中の地図、情報閲覧、読書、音楽などで活用。


この二刀流はまさに旅する武蔵。
空母のパソコン、ゼロ戦タブレット。

では機種選び。
限りある資産の中で厳選に選ばなければならない。
数ある情報の中で当方にあったものは




ASUS Eee PC 1015PXシリーズ 10.1型液晶 WiMAX ブラック EPC1015PX-WMBK

安くて10型前後のPCの中ではこれが一番秀逸。
本当はzenbookのようなウルトラブックも良かったけど仕方がない。
メモリは少ないがそんなに使うこともないし、容量は十分。
USBポートも3つある。
最近はASUSにやられ気味である。




Lenovo IdeaPad Tablet A1 シリーズ 7.0型ワイドHD液晶 16GB カーボンブラック 2228-3EJ

あまり評判は良くないが、そもそも買った人はなぜipadと比べるのか?
2万ちょいの代物には無理な意見が多い。
7型と持ちやすく、いつでも取り出しやすい。
おかげで本も電子書籍化するのでかさばらずにすむ。
地図もこれを見ながら歩いていたらカッコイイではないか!(実は迷っていても)


さらに浮いた予算で



Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) AW100 フォレストカムフラージュ AW100CM

アウトドア用堅牢防水カメラだ。
愛機D5000と同じNIKON。
なぜカメラがあるのに買ったか?
荒野と熱帯雨林のアジアという環境では一眼では心もとないという理由もあるが、一番の理由は動画用だ。
一眼の動画撮影はなかなか難しい。ぼけやすいのだ。(下手なだけだが)
それに最大の理由はガンジス川をとりたいという願望成就のためでもある。
動画専用として活用すればデータ管理しやすい。ビデオ買う間でも無いので、過酷な場面でも無碍に使えるこいつの出番は多そうだ。


占めて65000円!これだけ買ってIpad2より抑えたぜ!
散財したが、これで大きい装備はほぼ整った。
あとは資料の整理、地図や図書館で借りた「地球の歩き方」のスキャンなどなど。
データをオフラインで見れるように、機動性を持たせるためにも準備はまだまだ続く。
さらにビザやカードや保険、、、というより細かい予定も立てなくてわ。
楽しい毎日でもある。

rodinE88083E38188E3828BE4BABA.jpg

posted by 小太郎 at 01:40| Comment(0) | 準備−インターネット編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。