2012年02月08日

カメラでアジアをくり抜け!!

ibepara_y091-10-photographer.jpg



ビザ、装備、カードと大事は済ませたので今はもっぱらプラン組中。
あとは航空券買うだけだ。



思ったら、パスポートをビザ代行屋に送ってしまったため、パスポート番号がわからん!!
コピーすらない。
なんと短慮な失敗・・・
ということで、地球の歩き方とネットで情報収集に務める。


バックパッカーカメラ

前回、フェイスブックで写真をアップ作戦を記事にしたが、そもそもカメラはどうするかである。
当方は旅=カメラ
なので、カメラはパスポートと金の次に必携だ。

奇しくもこの放浪グセが付いたのもカメラのせいである。
友人との旅行後、コンパクトデジカメで撮った写真をパソコンで見ると、真夏だったせいもあり白飛びの連鎖。
せっかくの思い出が心霊写真のようになってしまった。

悔しいかな当方に妙案が浮かぶ。
「一眼買ったれ!」

そう思ったら最後、図書館でカメラ雑誌を読みふけり、買ってしまったNIKON D5000

FxCam_1325987861399.jpg




この愛機はその後沖縄から東京まで駆けまわり、気づけば富士山、槍ヶ岳、劔岳などの頂上にも連れ出された悲劇のカメラとなった。
要するにせっかく夏のボーナス消し飛ばしてまで買った愛機の活躍の場を探す内にバックパッカーの愛機となってしまったのだ。
考えれば祖父も手取り2万円の時に5万円のNIKONを持ち帰り祖母をあんぐりさせた武勇伝を持つので家系かも・・・

D5000はNIKONの初心者用一眼であり重量も1キロに満たない。
意外に頑丈で登山中によくぶつけたがなんともない。
これはまさにバックパッカー用の一眼としてふさわしい。
と褒めてみたが、残念ながら結局は初心者用というカテゴリーに収まる。

やはり機能面ならNIKONならD7000以上は欲しい。
しかし、バックパッカー最大の敵である重さについては100点といえる。

ではバックパッカーに最適なカメラとは?
これは完全に用途である。その用途とはまず写真についての捉え方だ。
写真にどれだけのクオリティーを求めるかで機種が変わってくる。

写真の出来栄えについて

@キレイで芸術的な写真が撮りたい!ならデジイチ中級機以上
 デメリット;重い、高い、盗まれた時のショック大

A記録程度で良い!ならコンパクトカメラ
 デメリット;ボカシなどの自由度がない、ちゃちい写真になる。

この中間が今流行りの「マイクロ一眼」
当方も最初はマイクロ一眼を買っていこうかと少し浮気心を出した。


OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P3


Panasonic デジタル一眼カメラ LUMIX GF3

こんなやつ。
いわゆるいいとこ取り。
一眼並みの撮影能力&レンズ交換可能そしてなにより軽い!
デメリット;中途半端、一眼を使っているとちゃちく感じる。


まとめると
・出来の一眼カメラ、しかし重い。
・どっちも満たすマイクロ一眼、しかし中途半端。
・携帯性のコンパクトデジカメ、しかしちゃちい。


よって
・写真の出来栄えの個人評価
・費用
・荷物の重量


この3つを自分のスタイルに照らし合わせると一眼かマイクロ一眼かコンパクトデジカメか?という答えが出てくる。


と、思ったがここに最強のカメラが出た!!




まさに悪魔のようなカメラ。
2200万画素、そしてAPSサイズという一眼並みのハイスペックに、マイクロ一眼並の携帯性。
恐ろしい。タイの洪水でだいぶ遅れたが遂に発売された!
これを携えていけばなんとカッコイイか!!

値段もハイスペック!!終了!!¥ 126,800


ついでに記事でも述べたがもう一台カメラを持っていく。


Nikon デジタルカメラ COOLPIX

アウトドア用カメラ、堅牢防水と画質は劣るが使い勝手が良い!
ガンジス川やヒマラヤでも使える。主に動画用としたい。
D5000の動画は少し扱いづらいし電池をかなり食う。
予備&過酷な環境仕様&動画撮影という一台三役で頑張ってもらう。


最後に
つらつらと述べたが、やはり旅にカメラは付き物だ。
旅先であった素晴らしい景色や友人を綺麗な写真として残しておきたい。
当方はもちろんD5000を主力とする
やはり一眼ならではの個性のだせる自由度を考えるとすこしばかりの重さは我慢に値する。

旅先で盗まれない限り、数々の山々を一緒に越えてきた相棒と共に行きたい。

でもNEX−7欲しかった・・・
posted by 小太郎 at 20:53| Comment(0) | バックパッカーカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。