2012年04月06日

無事下界へ

4月4日

朝6時。天気悪し。そして全身筋肉痛。でも帰れる。

しかしまたあの飛行機に乗らなくてはならない。天気悪いし心配。
朝飯食っていざ空港へ。歩いてすぐ。チケット持って行くもまだ窓口が開いていない。7時に開くと聞いたのに7時40分にやっと開いた。

ずっと一番死守。係が来るとわあっと順番抜いてくる。ここでひるんではダメだ。
「おらああ!わしが一番じゃろう!!!」
と日本語で怒鳴り散らす。

「アイ・アム・ナンバーワン!!」
と蝶野みたいなこと言いながら抜きに来る奴をすっ飛ばす。意外と日本語は効くようで、「いやあ。兄さんが一番なのは知ってますよ。あっしは2番でさ。」
という感じで今度は2番争いが始まる。日本人は怒ったら恥であるという文化にいるが海外では事故主張してなんぼというのが痛いほどわかってきた。あれは日本人同士の高度な譲り合いだったんだなあ。やっぱり日本人は偉い。

チケットゲット!すぐ飛行機に乗れた。
今度は崖に向かって坂道を転がりながら離陸する。めっちゃ怖かった。先が無くなるわけだ。助走短いからほんとに怖かった。ジェットコースター乗れないのに・・・
揺れに揺れながらカトマンズ着。あったかいなあ。やっと帰ってきた。

物価の安いところに!!

もう俺は無敵だ!ずっと食べたかった行きつけのサンドイッチ屋に向かいバクバク食って一気にファンタを飲む。ああファンタ一本でも幸せ。ロブチェの3分の一以下で飲める。

宿に帰る。みんな覚えていてくれた。預けた荷物を回収し、洗濯物を出し、1週間ぶりのお風呂。人間こんなにも汚れるもんかね・・・

靴下は足の裏に張り付き、爪は真っ黒、髪は石鹸つけても全く泡立たない。というか全身からヤクの糞の匂いしかしない。上ではそこら中がそんなだったから気づきにくいが、ここでは・・・
体をこすり、タオルを絞ると真っ黒の水が。汚れと共に疲れも癒えていくようだ。

パソコン充電してカフェで日記でも書こう。接触が悪いので、足で抑えながら充電し、日記を書く。ああ辛かった日々・・・

DSC_0261-s.JPG

充電も終わりカフェへ。タメルはほんとうにカフェが多い。今日は良いところを見つけた。日本にもあるカルディの喫茶店だ。パクリじゃなさそう。内装はきれいだしWIFIできるし。コーヒーも普通に美味しかった。ああ幸せ。

ゆっくり滞在し、ついに日本料理屋「おふくろの味」へ。ツアー会社のおっちゃんにお礼をいうのも含め、あのロブチェの夜の苦痛を癒すためにも。

おっちゃんは2日で降りるといったので心配してくれていたらしい。無理言って予約取ってもらったりで助かった。またポカラ行きの時来ます。

DSC_0262-s.JPG

いよいよとんかつ定食。待ってました箸、そしてご飯、さらに味噌汁。味噌汁ってなんでこんなにうまいんだろう。久々の日本食に舌鼓を打つ。これで300円くらい。

DSC_0270-s.JPG

そのあとは夜を徘徊す。タメルは夜でも活気あふれる。カフェやBARで夜中までライブやってたりする。外人ばっかでさすが沈没地というイメージ。火回しの大道芸や謎の宗教団体を知り目に、パン屋のカフェへ。騒々しい街中をテラスより覗く。活気あるなあ。こういう雰囲気がすきだ。人種とか文化とかごちゃまぜの感じは見ているだけでも楽しい。
posted by 小太郎 at 23:08| Comment(0) | ネパール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。