2012年04月04日

4000mを超えて

4月1日

DSC_0077-s.JPG

朝7時、今日は一気にロブチェまで行ったる。ロブチェは最奥地の一歩手前。高度は約5000mだ。パンボチェは3900m。一日1000m上げる。

ペリチェまでの道でようやく「ヒマラヤに来たなあ。」という景色に。言うなればここまでは大したことがない様に思えた。川沿いを歩くだけで山はそんなに見えないしトレッカーだらけの道ではない。このへんからトレッカーがかなり減っていく。そもそも日本のツアーなどはエベレストビューホテルまでだし、こっからは未知なる4000mだ。

景色は良いが寒くなってきた。風強し。アマダブラムが剣のようにそびえる。この辺の山々も6000m超えの巨峰なのだが、ここでは6000mなどはマイナーになってしまう。さすがヒマラヤ。

DSC_0080-s.JPG


ペリチェからはゆったりした上りが何キロも何キロも続く。ただとおーく目指して強風の中歩く。景色はいいけど一向に変わらないし、非常に萎える所でもある。

DSC_0122-s.JPG


DSC_0125-s.JPG

パンボチェから4時間ほどでトゥクラにつく。4600m。小さなロッジがあるだけだ。ここから第3の地獄コースの岩場登り。距離もそんなではないが、ゴツゴツして歩きづらく強風。さらにさらにずっとゆるやかな登りだったのでわからないが、4600mでの登りのなんと息の切れること・・・

一歩一歩がかなりのキツさだ。ヘロヘロになるも気合で行くしか無い。
この辺に来るとたいていは高山病になるらしいが、僕はまだ大丈夫だ。頭痛を訴えている人がちらほらいる。

考えたら4000mをとっくに超えている。すでに日本ではここと同じ高さは存在しない。
やっとこさ登り、登山で死んでいったシェルパたちの墓を通ってロブチェへ。

DSC_0138-s.JPG
坂の後は延々続くかのような道・・・


ヘロヘロになってようやく到着。6時間。何か頼もうと思ったが物価高が尋常ではない!!ファンタ300ルピー、スパゲッティ650ルピー、充電が300ルピーなり。
「ミルクティーください。カップで!!」
貧しさは山の上でも同じだ。ファンタ飲みてえ・・・晩メシはまたスパゲッティ。食いやすいし。でも高かった。

夜、昨日寝過ぎたのかなかなか寝れず。思うのは日本でのあのウマイ飯の数々・・・母さんのハンバーグや近所のとんかつ屋、吉野家でさえ今では喉から手が出るほどほしい。こうなったら辛すぎるので、カトマンズへ降りたらアレとコレを食ったる!と闘争本能に変えて寝る。
食い物の執念は恐ろしいのだ。
posted by 小太郎 at 20:01| Comment(0) | エベレストトレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。