2012年04月24日

寝台バスの旅〜ウダイプル

4月23日
DSC_0066-s.JPG


今日は15時発の寝台バスで15時間かけてウダイプルへ。
まずは金がなくなったのでATMへ行く。計算すると移動費や買い物も込で一日1200円くらい。安いなあインド。
ATMで出金。ってあれ?何回してもレシートしか出てこねえ。英語だから間違えたかな?もう一回。レシート。もう一回。レシート。

なんじゃこりゃああああ!!

次のATMも。その次のATMもレシート排出機。バス代やらで久しぶりの買い物で200ルピーしかないのにまさかここで金切れとは困りまくる。
と同じくレシートを虚しく持った学生が「ここもダメだね。金が入ってないんだよ。」

なんですと!そんなことがありえるのかインドよ!ATMすら金に困るとは貧困問題もそこまで浸透して・・・というわけではなく補充してないだけのような気がする。
彼に連れられてまたATMへ。人生でこんなにATMに行った日もない。
そこは行列ができるATMだった。やっとこさ命のお金を得た。インドで旅行する人は十分残金チェックを!!

DSC_0069-s.JPG

美しい街並みだったジャイサルメール

そして暑い。何もしなくても倒れそうなくらい暑い。ATMのせいですでに観光する気は失せ、とりあえず安食堂で冷えたコーラ。

DSC_0070-s.JPG

ここでインドの飯について
インドの飯にはほぼかならずマサーラという香辛料やら何やらがバリエーション豊かに混入されている。日本で言う醤油とかダシだ。そしてそれは外国人の腹をゆるくする。どれもこれも入っているのですべてのインド料理がなんとなくスパイスがキツイカレー味。
手軽な屋台料理もほぼ上記通りかつ揚げ物や天ぷらばっかり。糞暑いのに揚げ物を食うのは辛い。僕はこのマサーラの味付けが連続するとキツイ。まずくはないがとにかくきつい。

ということで必然に外国の料理に食しが進む。たいていのレストランではイタリア料理と中国料理はある。しかしこいつもひどい。厳選して店を選ばないと、おそらく想像で作った産物を食わされる。例えば、僕が食った「唐揚げ定食」はケチャップライスの中に照り焼きの骨付きチキンが埋まっていた。トマトソースのパスタを頼めばカレー風味。チャーハンを頼めばパッサパサのピラフ・・・

よって自然とお菓子になる。屋台などの飯は完全に衛生上よろしくないし、レストランは高い。移動日には怖いのでお菓子しか食わない日もある。お菓子は気をつけて選べばおいしい。ポテチはイケる。インド料理が辛い人はお菓子をうまく使って乗り切るべし。

デザート系はおいしい。とくに果物は日本のものより遙かに安い。そこら中でフレッシュジュースやアイスも売っている。
特に美味しいのがラッシー。ラッシーとはヨーグルトを砂糖や水で混ぜたものでうっすいシェークみたいなもの。これにマンゴーやバナナも混ぜて入れる。さらに美味しいのがそこにアイスも混ぜるアイスラッシーは評判の店のはとてもうまかった。
※ちなみに中には生水&生水で作った氷が入っている店もあるので注意。


インド料理に飽きた人は、ガイドブックに載っているレストラン&お菓子&スイーツで乗り切るのに限る。

DSC_0064-s.JPG

バスは15時発なのに全く来ない。こういう時がすごく不安だ。何回聞いても「もうちょっとで来る。」一点張り。「あれだあれだ!」と教えてくれたのは全く違ってたり・・・
ようやく来たバスに乗り込む。寝台席は割りと広かったけど蒸し風呂だ。客が来る前に窓を開けておくという配慮はない。乗り込んだはいいものの完全に席取り泥棒がうようよ。横の気の良い親父と話してたら、そいつが席取り泥棒で追い出されていた。

DSC_0081-s.JPG
バスに寄ってくる売り子達。指さして買う。

バスが発車すると涼しい。んで人乗せるたびに停車でごった返し蒸し風呂と化す。これを繰り返しながらちょっとずつ進んでいく。ちゃんと食べたのに夜分のお菓子を食ってしまうくらいのエネルギーの消費。

こういう時タブレットはかなり役立つ。音楽聞きながら読書が可能。しかもバックライトだから暗くなっても本が読めるし、何百冊も入る。これは買って正解だった。
23時ころ、涼しくなったので寝始めたらここで大休憩。飯を食い始める。こんな時間かよ・・・
そこら中で立ちションが始まる。女の人はさすがに端っこに行くが、僕を含めた男集団はまさにその辺に放尿。すごい人は降りて2歩くらいのとこでションベン開始。インドは男でもしゃがんでションベンする人が多い。
そしてここでもカレー(ターリー)を食う人々。さすがっす・・・
posted by 小太郎 at 15:51| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。